舛花葬式.

それは、暖かい朝の色だよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Don't cry 信じて

6156nOcircL.jpg  

君の涙 拭えるなら
嘘つきにもなる
ただ、どんくらい 辛くても
歯食いしばって 生きていくのは
おまえ自身なんだよ

スポンサーサイト

Re:LoVE

Flower-Plant


愛跟喜歡不一樣
就像愛花,你會幫她澆水
喜歡花,你會把她摘下來......


Sorrow of mirror



372巷的家沒有賣掉,我們仍然住在那裏長大
在一間教室裡,妹妹與我之間有一個空位

爸突然走過來坐在我們中間的位置
好像問了我們

「有沒有好好休息啊?」

妹回答:「那你有好好休息嗎?」
爸可能什麼都沒有說,只是笑笑的
這時候我發現一件事了

這只是一個夢。一個夢罷了。

372巷的家早就不見了,必須努力去守護的東西已經不見了
三人如此溫暖的氣氛,也不知道從何開始就不存在
所以這鐵定不是現實
我知道的

當爸的視線看向我時,我忍不住哭了
一直以來都是這樣,為何在他面前我就是那麼容易情緒潰堤呢

忘記他是不是有想要安慰我,我就滿臉淚水地醒來了
我知道我做了一個很悲傷的夢、很悲傷很悲傷
又悲傷又痛苦
已經不知道有幾次了,不再管枕頭套上滴了多少眼淚。

--



いっそ 死にたいなんて 思ってるのかな


存在論



不管是多能承受寂寞的人,也還是會有心中淒涼的時候。

就算曾經下了什麼重大的決心
在某些時候仍然會希望,自己在旁人的心中留有那麼一點份量
但是真的已經,沒有什麼信心去迎接那些虛偽了。

沒關係,就當我是膽小鬼
每天抱著「即使被他背叛也沒有什麼好大驚小怪」的信念生活著
沒有任何問題

其他的就等我壞掉以後再說吧。

--



今晚反覆聽到早晨的歌。


夢三夜

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

夢二夜

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

夢一夜

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

結果不搬了(´・ω・`)

前後試了幾家blog平台
但每一個都有我不太能適應和接受的問題

結論還是FC2用的習慣啊!!!

只是廣告跟亂碼很煩而已!
亂碼還是因為IE太爛的關係!(?)

反正我也捨不得這些文章就這樣被丟在這裡……所以就還是繼續沿用吧
補了一些尋覓新平台時更新的日記
然後我加了Lightbox,爽用!
但是不知為何close和loading圖就是跑不出來,上網爬文也看到很多人有這樣的問題
看看以後官方那邊有沒有辦法修正就是。
Lightbox在IE看也會有叉燒包一下子(?)的問題,我不想管了
IE到底!他到底!
然後有點討厭iframe的層次定義總是不明確,跟lightbox會打架(?)
以後直接收裡面是最快的選擇

好吧先這樣啦!
希望我接下來還會持續勤快地更新


是天倉螢啦大哥

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

搬家

要搬家了。

新家等待有緣人去發掘。
這篇只是來消廣告的啦呵呵呵


FC2也陪伴我很長的一段時間,感謝你。
即使中間經過很多次的休息你仍然還是會在這裡等我回來(?)
雖然廣告真的有點討厭就是了ww

畢竟這裡還是留有我很多的紀錄,所以希望他一輩子都不會消失
就這樣囉!:^)




未命名.

  不知道從什麼時候開始,我和某個時代暗戀的對象正在散步。

  那種感覺就像彷彿是畢業後的第一次見面,最初一搭一唱地聊著生活上的瑣事,不時嬉鬧地邊笑邊拍打著對方。

「所以,妳有要答應對方交往嗎?」她轉頭問道。
「咦?」
「就是那個,信裡面講的……啊。」
「…啊!?是那個誰告訴妳的嗎!?」
「啊哈哈哈~~」
「可惡。……哼,我才不會答應咧。」
「為什麼?」
「……」

  因為尷尬地不敢正面看著她的臉,於是總在行走時稍微落後一點點,這樣也就不會讓她看見我那滿是心事的表情。
  我們走了一段路之後,她表示說要回她家。

「一起來嗎?」
「……嗯。」
「可是我走累了。」
「?」
「妳推我走吧。」
「……?」

  身旁突然出現一個像是運貨用的藍色小推車,與其說是出現,還不如說它好像一開始就存在著,同時間的與我們並存著。我也沒有多去在意「它」在我們散步的期間,到底是怎麼跟著我們的。

  我們出發了。現在我只看得見她的後腦勺。推車有點顛簸地前進著,兩人不再多說什麼話,我不禁開始想起自己的事情來,完全忘記了跟她在一起時會有的微妙緊張感。

  可能是因為只看見背影的關係吧,讓我有種衝動想把當年沒說出來的話一口氣傾倒出來;在畢業之後,我似乎有偷偷暗喻地傳達給她過,但是並沒有得到什麼正面回應,也不知道她是已經發現卻繼續裝傻還是真的就沒有意識到,但本來就沒有鼓起勇氣大聲告訴她的我,自然也沒有權利去得知她的想法。如今,這條路上也只有我跟她,「或許當作是件『玩笑』來帶過也可以啊!……這樣我也可以真正解脫了。」

  心臟大聲地抗議著。我甩下它,做了個深呼吸後,看向在我前方蹲坐著的背影。

「其實是因為我一直有著喜歡的人。」就像是沒頭沒腦地拋出這麼一句。
「……」
「……」
「……」
「……」


--


待續。








西川くん超頑張れ!

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

超誇張……

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

s+h「Bless You」




一度や二度の失敗で
挫けてたらきりがない程
僕らの道に果てはなく
今日も未来が呼んでいる

もうそろそろ行かなくちゃと
次の国を目指す人よ
僕らはここで
相も変わらずの暮らしを
ずっと続けてくからね

だからお願い
共に過ごした事
共に戦った事
忘れちゃヤだよ
辛くなったらまた 帰っておいで
最後にかけた魔法の名は
"旅立つ君に幸あれ"

裏切りや 置き去りも あったけど
振り返れば君は 笑っていた
僕らの日常に 退屈は無く
「明日もまたね」と 手を振り去る

「また逢うこともあるさ」と
姿を見せなくなった 君よ
僕らはココで 変わる事無く君の 
帰りをずっと待ち続けるからね

でもねお願い
共に泣いた事
共に笑い合った事
忘れちゃダメだよ
寂しくなったらまた 帰っておいで
最後にかけた君への言葉は
「ありがとう また逢いましょう」

君と出会って話した事
今僕は振り返り思い出してる
遠く 離れていても
忘れられない
あの時を忘れないから

だからお願い
共に過ごした事
共に戦った事
忘れちゃヤだよ
辛くなったらまた 帰っておいで
最後にかけた魔法の名は
"旅立つ君に幸あれ"

でもねお願い
共に泣いた事
共に笑い合った事
忘れちゃダメだよ
寂しくなったらまた 帰っておいで
最後にかけた君への言葉は
「ありがとう また逢いましょう」

最後にかけた魔法の名は
"旅立つ君に幸あれ"






もう、ダメだ。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。