舛花葬式.

それは、暖かい朝の色だよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

存在論



不管是多能承受寂寞的人,也還是會有心中淒涼的時候。

就算曾經下了什麼重大的決心
在某些時候仍然會希望,自己在旁人的心中留有那麼一點份量
但是真的已經,沒有什麼信心去迎接那些虛偽了。

沒關係,就當我是膽小鬼
每天抱著「即使被他背叛也沒有什麼好大驚小怪」的信念生活著
沒有任何問題

其他的就等我壞掉以後再說吧。

--



今晚反覆聽到早晨的歌。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakanaasa.blog60.fc2.com/tb.php/279-8ca7217e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。